髙英起さん、柳京飯店の事は自分で調べて掲載して下さいね!

先日Yahooニュースの記事を読んでたら、デイリーNKジャパン編集長の髙英起さんの記事に目が止まりました。

髙英起さんは、北朝鮮関係や韓国系や延辺関係の事で度々テレビに登場する人です。

下記の題名でYahooニュースに掲載しています。

金正恩氏が「美人ホステス」をしいたげるセコいやり口

僕は、良~~~~く柳京飯店の事も知っているし、オーナーご夫妻もホテルの部長さんにも良くして頂いております。

そこで私から一言!

柳京飯店の事だけの記事に言うと、大きな間違いだらけです。

ここで言っておきますが、別に僕は「北」寄りの人間では、ありません!

僕は、人として付き合いある人間関係の中で実際に見聞きしており、

今回の記事だと髙英起さんの様に人から聞いただけで決めつける記事を出して欲しくなく、この記事UPしました。
※髙英起さんも何度か柳京飯店に来店しているようですが、ここ約9年で私は多分数百回行ってます。

RFAは、中国延辺朝鮮族自治州の州都・延吉市中心部に位置する平壌柳京ホテルを取材している。同ホテルには、平壌冷麺などの伝統的な北朝鮮料理を出す柳京レストランがある。元々、このホテルは朝鮮労働党の資金を調達する39号室傘下の楽園指導総局の所属だったが、後に柳京指導総局、対外奉仕総局に所属が変わったという。

上記の記事内容で、

このホテルは朝鮮労働党の資金を調達する39号室傘下の楽園指導総局の所属だったが、後に柳京指導総局、対外奉仕総局に所属が変わったという。

この内容は、まず間違いです。

柳京飯店は、楽園指導総局の所属でもなかったし対外奉仕総局の所属でもないです。
(私の情報絶対です!)

柳京ホテルには筆者も何度か訪れたことがある。北朝鮮の国家機関が直々に運営していることから、ホテルのカフェスペースには、明らかに地元の中国人、朝鮮族とは雰囲気の違う人物をよく見かけた。

上の記事も大間違いです。

北朝鮮国家機関が直々に運営していません。

でもって最大の間違い記事内容が下記です。

今年初めからこのホテルの地下に「平壌館ナイト」という店舗が開業したという。
平壌館ナイトは、名称どおりのいわゆるナイトクラブだ。夜通し酒を提供し、歌と踊りを楽しむ舞台が設置されており、平壌出身の20代の女性がホステスとして客を接待する。

柳京飯店には、地下施設も無いですよ!

平壌館ナイト?はっ!そんなの無い無い!

柳京飯店で酒が飲めるのは、1階と2階の食堂とコーヒーショップでも基本22時で閉店です。

歌と踊りを楽しめるのは、1階の宴会場だけですよ!(2階の食堂大広間でもたまに講演します)

地下の平壌館ナイトなんて無いですよ!

北レスのウェイトレスなど、海外で働く北朝鮮労働者の数は正確には不明だが、一節に6万人に達すると言われている。その多くが劣悪な環境で働かされ、給料のほとんどを当局にピンはねされている。それどころか一部の北レスでは売春を強制させられているという話しもある。そんな横暴に比べたら、チップのピンはねなど取るに足らないことなのだろう。

上の記事内容は、柳京飯店の事自体を書いてるとは思ってませんが、

柳京飯店の場合は、ピンハネ無いです。

他店と違い給料も直接手渡され北朝鮮当局に支払う訳では、ありません。

それと売春強要は、まずありません。

ホテルに来る韓国人観光客や、南の方の中国人がそれっぽい事をホテルの男性従業員に言って

大喧嘩になるほど女性従業員を守っています。

柳京飯店は、世界でもここだけと言って良いほど、運営が他国企業との合同運営じゃ無いので、

お金のために何でもするような商売は、していません。

なので、延吉にある他の北レスより女性が生き生きしてるのが比較すると解ると思います。

と言う僕の持論でした。

The following two tabs change content below.

延吉住人管理人

初めまして!延吉情報ブログに来て頂き有り難う御座います! 延吉在住歴約8年の当ブログ管理人です(^_^)v 約10年前から延吉市の朝鮮族の方と仕事を通して延吉の事を知って 約8年前に仕事のついでに延吉市に滞在する様になってしまった経緯を持つ私であります!

髙英起さん、柳京飯店の事は自分で調べて掲載して下さいね!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 鈴木 敏明 より:

    こんな記事が出回っているのですね。

    記事を書く人のモラルが問われる問題であり

    実際に現地で見る人と、話を聞く人の差には

    歴然とした開きがあり、記事の対象になられた人たちは

    非常に遺憾を覚え、困り果てる事でしょう。

    こういったモラルの在り方は、今後の課題にし

    無くさなければならない事だと感じます。

    断固とした対応をしていく事をお勧めします。

  2. mika より:

    決して許される問題ではありませんね。
    ペンを扱う人は、情報の正確性を確認し
    真実を伝えなければならないのに
    この高氏は、冒頭より自身が責任を逃れる為
    RFAなる組織を引用して語る手口を使い
    巧妙に自信への発言ではない様に見せ
    何ら責任を負う事をしていない。
    ジャーナリストの風上にも置けない
    悪徳な手法を行っている事がわかります。
    全てはお金の為に、人の悪口を綴り
    自分さえよければ良いという
    バイアス思考が働いている人なのでしょう。

    私も鈴木氏と同じく
    柳京ホテルの方々、そこに携わる方々へ
    負けてほしくありません。
    断固たる処置を行ってください。

  3. ワチャ より:

    北朝鮮のホテルが
    中国にある事を初めて知りました。
    拉致されないなら
    一度行ってみたいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo