台風の8・15【74年】

どうもみなさんこんばんは

アマンダです

私はと言いますと先日より松茸を携え

実家に二週間ほど帰省しております。

 

 

ご存知の通り副管理人さんより教えていただいたお店にて

吉林省産一等品でございます

この日は1キロ 650元でした。

両親や親戚が興奮気味に喜んでくれて少しばかり孝行できました^^

ありがとうございます!

 

どデカイ!!!

(この下にもう一段ございますよ)

 

 

お盆の帰省。。ですが一番の目的は日曜日に控えた「通訳案内士」試験のため。。

これが3度目の受験ということで

さすがに3度目の正直と行きたいところ。。

おととし、去年の受験時に免除科目を増やし

残るは「日本地理」「日本歴史」です。。

アマンダは中国や朝鮮半島の語学や文化の勉強は

どれだけでもできるのに、

日本語の試験にも関わらず難しいものがあります。。

(実は高校の時 世界史・倫理選択でした)

この通訳案内士の地理は最難関で、

重箱の隅をつつきまくるような難問ばかりです。。

でも読者の皆様に宣言して頑張ります。

日本人が日本の地理や歴史を理解してないなんて

恥ずかしいことですもの!

 

 

そして本日は8月15日ですね。

中国延辺では老人デー

韓国では光復節

北朝鮮では8・15解放記念日

日本では終戦記念日です。

 

まずはじめに先の大戦で尊い命を奪われた方々に

黙祷を捧げたいと思います。

 

前述の通り、アマンダの両親は日本人です。

父方の祖先が下級武士の家系なのも相まって

祖父も父も朝鮮半島や中国には差別的なことをいうことも。。

(旅行したり映画やドラマに親しみはあるのですが)

そして母は在日コリアンの方々の著書も読むほどの文学好きです

私の大切な家族が一つの話題で

こんなにも考え方や捉え方が違うのが不思議でした。

それが「民族」を勉強したいきっかけでした。

 

アマンダは日本で教育を受け

「戦争」について

日本が受けた被害や反戦をテーマにした

ドラマや映画や書物に数多く触れてきました。

大学に入ってから

「大日本帝国」の侵略や帝国主義、植民地支配について学びました。

 

韓国の研修では独立記念館に

中国の研修では南京大虐殺紀念館に

足を運びました。

 

アマンダはいろいろなことを知るたびに

先の大戦について思いを馳せます。

日本人は何も問わないというのが美徳のように感じますが、

海外に出ればいろいろな質問を投げかけられます。

友達になってから深い話をするのではなく、

友達になる前に踏み絵のように質問されるのです。

 

日本の加害については日本人である以上、

そして海外にいるなら

より多くのことを見聞きし

かつての日本人が歩いた場所を歩き

思いを馳せ、考え、そして学び続けなければなりません。

あの戦争を知らない世代として、その学ぶ姿勢を

発信していくことはとても重要だと感じます。

 

そして「当時なぜ日本が戦争に進んで行ったのか」

 

また中には「軍や政府が暴走した 国民は悪くない」という論を

唱える中国人の友人もいますが本当にそうなのでしょうか

日本人が統治した時の建物等を褒める人が時にいますが

それをどう受け止めるべきなのでしょうか

「反日」と一言でシャットアウトせず

右でも左でもなく

自分で落としどころをつけるには

並大抵でない思考の反芻が必要なのでしょう。。

 

もし自分が戦勝国で被害を受けた国の出身者であれば

その教育を受けていたならば日本を嫌いになっても当然だとの

前提でモノを考えるようになりました。

 

(もちろん中には教育を受けても興味があったり

矛盾点が気になったり、延辺では日本の文化に親しんでいる方

日本語が話せる方、日本に対して好感度が高い方も

他の地域よりも格段に多いと言えるでしょう。

ですがまずこの前提で接した方が他者理解をしやすいのです)

 

そしてアマンダは日本生まれ日本育ちの日本人ですが

中国にも朝鮮半島にも親しみや好奇心があり

言語や文化を学びたい一心で四年も延辺で暮らしました。

ですが、どれだけ慣れ親しんでも、

やはりアイデンティティーは日本人。

考え方は日本人なのです。

どちらの立場にも同情できますが

真っ向から否定されれば

やはり日本の肩を持つでしょう。。。

 

旧日本軍が悪く描かれていたとしても

特攻隊の方々の話を思い出しては涙が出てしまうのです。

これはアイデンティティーなのでしょうがないと

割り切ることもあります。

ですが一度も足を運ばす、耳も傾けず、真っ向から否定することは

できない性分なのです。。。

 

74年の月日が流れてもなお

国際関係は揺らいでいます。

日本と韓国との貿易軋轢や

香港のデモ騒ぎなど

その他たくさんの事件や対立がニュースで報道されています。 

(いろいろ思うところはたくさんありますが思考を止めてはならぬのです)

 

1945年は一つの区切りでもあり

毎年8月15日はやってきます。

 

少し真面目に語り過ぎてしまいましたので(炎上しないといいな)

最近延辺にできたスンデ(腸詰めご飯)屋さんを紹介しますね

なんと南北韓統一味!

「妹よー!」「お姉さんー!」

「統一の味 そのまま」

「スンデで私たちは一つになった!」

そうこちらでは南北両方の伝統的なお味が楽しめるのです。

良いところを殺しあうのではなくお互いに高め合うをテーマに。。。

 

細めスンデ

太めスンデ

こちらのワカメ牛肉スンデよかったです^^

 

韓国式

白スンデ

アマンダが全部食べてみて一番好きだったのはこちら!!!

味ご飯に通じる優しいお味でした。

スンデスープや

 

スンデ炒めまで。。!

 

 

延辺では研究会やフォーラムなどで

中国・韓国・北朝鮮・日本・ロシア・アメリカ等

六カ国協議のメンバーが勢揃いします。

74年の時を越え

新たな国家間の関係を築いていく上で

北東アジアの中心に位置する延辺が

欠かせないポジションとなっていくことを

祈願しまして筆を休めることに致します。

今晩もアマンダの長文ブログにお付き合いありがとうございます。

The following two tabs change content below.
AMANDA

AMANDA

アンニョンハセヨ!ニーハオ! 延吉滞在歴もうすぐ四年のアマンダが かゆいところに手が届く延辺耳寄り情報を続々UP致します!

台風の8・15【74年】” に対して1件のコメントがあります。

  1. モヒガン より:

    超立派なオチンチ…
    じゃなくて松茸だね!
    これ日本だと1本4000円位するんじゃね?
    オレのはもっと安いけど!

    アマンダちゃん
    なんだか豊富な知識を披露してるね〜
    松茸もソーセージみたいな食べ物も
    男性も食べ尽くしてfight〜
    なんちゃって…😙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo